MENU

048-229-2765
受付時間:平日 10時-17時

〒332-0012
埼玉県川口市本町4丁目3ー6 210
TEL 048-229-2765

HOME > コラム > 財務分析における分類や分析時の重要なポイントを一挙にご紹介!

Column
お役立ち情報

中小企業経営者に役立つ情報を
お届けします

財務

財務分析における分類や分析時の重要なポイントを一挙にご紹介!

財務

記事をSHEREする

会社の財政状況や経営状況を把握するためには、財務諸表を活用した財務分析が有効な手段になります。しかし、財務分析には様々な分類があり、目的に応じて適切なものを選ぶことが重要なポイントになります。

 

本記事では、財務分析における 4 つの分類や実際に財務分析を行う際の重要なポイントについてご紹介します。財務分析に関して理解を深めたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

財務諸表の基礎知識

 

財務分析を語る上では、財務諸表の存在が欠かせません。まずは、財務諸表の基礎知識について理解しておきましょう。

 

財務諸表とは、会社の財務に関する様々な書類を総称した言葉であり、次の 3 つが財務諸表の代表例として挙げられます。

 

・貸借対照表

・損益計算書

・キャッシュフロー計算書

 

ただし、財務諸表という言葉は広義なものであり、状況に応じて「どの書類を指す言葉なのか」が変わります。そのため、上記の 3 つだけが財務諸表というわけではないので、この点には注意してください。

 

また、貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書の 3 つは「財務三表」とも呼ばれており、財務諸表の中でも特に重要なものとして位置付けられています。

 

 

財務分析における 4 つの分類

 

財務分析とは、財務諸表を分析して様々な指標を算出することを意味します。財務分析を行うことで、会社の現状や課題を見える化でき、今後の戦略策定や意思決定などに繋げることができます。

 

そして、財務分析には次の 4 つの分類が存在します。

 

・収益性

・安全性

・生産性

・成長性

 

分類ごとに指標や読み取れる内容が異なるため、目的に応じて適切な分類を選択することが重要なポイントになります。それでは、各分類について詳しく見ていきましょう。

 

以下の記事で財務分析の具体的な方法について解説していますので、関心のある方はぜひご覧ください。

 

 

 

収益性

 

収益性とは、その会社がどれだけ効率的に収益をあげているのかを確認するための指標です。収益性の指標が高いほど、少ない費用で高い収益を獲得していることを示します。

 

そのため、収益性の指標が高ければ、金融機関から高い評価を受けることができ、融資審査などで有利になると言えます。逆に、収益性の指標が低い場合は、より効率的に収益をあげるための運用改善が必要になります。

 

収益性については以下の記事で詳しく解説しています。

 

 

 

 

安全性

 

安全性とは、支払能力や倒産リスクなど、その会社の事業の継続性を確認するための指標です。安全性の指標が高いほど、会社が倒産する可能性が低く、安全な経営を実現していることを示します。

 

そのため、安全性は金融機関や投資家が意思決定を行う際の有効な判断材料になります。金融機関・投資家の目線では、安全性の高い会社に対しては積極的に融資・投資を行いますが、逆に安全性が低い会社は倒産リスクが大きいと判断するため、融資・投資などを控えることが一般的です。

 

安全性については以下の記事で詳しく解説しています。

 

 

 

 

生産性

 

生産性とは、その会社がどれだけ効率的に経営資源を活用できているのかを確認するための指標です。経営資源の具体例としては、ヒト(社員)やモノ(設備)などが該当し、「社員一人当たり」や「備品一台当たり」など、小さい単位で生み出した利益をもとに生産性を算出します。

 

また、生産性を分析する際には「労働分配率」と「付加価値比率」の 2 つの指標で分析作業を進めることが一般的です。これらを分析することで、会社の生産性を客観的に把握することが可能になり、人材や設備などの経営資源をどれだけ効率的に活用できているのかを見える化できます。

 

生産性については以下の記事で詳しく解説しています。

 

 

 

 

成長性

 

成長性とは、その会社の過去または未来の成長性を確認するための指標です。成長性を確認することで、その会社がどのように成長してきたのか、また、今後どれくらいの成長が見込めるのかを把握できます。

 

安全性と同じように、会社の成長性は金融機関や投資家の目線で重要な指標の一つになります。そのため、成長性の指標は、融資や投資を受ける場面においても大きな意味を持つと言えるでしょう。

 

成長性については以下の記事で詳しく解説しています。

 

 

 

 

財務分析を行う際の重要なポイント

 

財務分析は会社の経営状況を把握する上で重要なものですが、実際の分析作業を行う際には意識すべきポイントがいくつか存在します。本章では、財務分析を行う際の重要なポイントについて解説します。

 

 

分析結果をアクションに繋げる

 

財務分析を行うことで、会社の財務状況や経営状況を細かく把握することが可能です。これにより、自社の強みはどこにあるのか、また解決すべき課題は何なのかを具体的に見える化できます。

 

ただし、財務分析はそれ自体が目的ではなく、分析結果を踏まえて具体的なアクションを実行することで初めて価値が生まれます。そのため、分析して終わりではなく、分析結果をもとに自社の課題を明確化し、それを改善するためのアクションを検討・実行することが大切です。

 

 

目的に応じて適切な分類を選ぶ

 

前述した通り、財務分析には様々な分類が存在します。そして、分類ごとに指標や読み取れる内容が異なるため、目的に応じて適切な分類を選択することが大切です。

 

例えば、社員や設備を有効活用できているのかを把握したい場合は、生産性の指標が有効な判断材料になります。また、事業継続に対して不安を持っている場合は、安全性の指標を確認して、自社の倒産リスクや事業の継続性などを把握する必要があります。

 

このように、目的に応じて選択すべき分類は異なります。この記事を読み返して、それぞれの分類の特徴について理解しておきましょう。

 

 

専門家に相談・依頼する

 

財務分析を行う際には、財務に関する専門用語が数多く登場します。そのため、財務の知識を持たない人がすべての分析作業を行うことは、場合によっては難しいケースも存在します。

 

このような場合は、税理士などの専門家に財務分析の相談・依頼を行うことも有効な選択肢になります。間違った手順で財務分析を行った場合、正しい結果を得ることができずに、自社の安全性や成長性などの重要指標を誤認してしまうリスクがあるため、不安な方は専門家へ相談することをオススメします。

 

 

まとめ

 

本記事では、財務分析における 4 つの分類や実際に財務分析を行う際の重要なポイントについてご紹介しました。

 

財務分析は会社の経営状況を把握する上で重要なものであり、うまく活用することで自社の現状を見える化できます。ただし、財務分析には様々な分類が存在するため、この記事を読み返して、それぞれの特徴を正しく理解しておきましょう。

 

また、財務分析では財務に関する専門用語が数多く登場します。間違った手順で財務分析を行わないためにも、不安な方は迷わずに専門家へ相談することをオススメします。

 

そして、財務関連でお悩みであれば、ぜひ大谷聡税理士事務所へご相談ください。これまで培ってきた豊富な知識・経験をもとにして、貴社に最適な方法をアドバイスさせていただきます。

 

無料相談もお受けしていますので、まずは以下のフォームからお気軽にご連絡ください。この記事が、あなたのお悩み解決に少しでもお役に立てば、と切に願っております。

 

大谷聡税理士事務所お問合せ

記事をSHEREする

記事をSHEREする

この記事を書いた人

大谷 聡

埼玉県川口市に拠点を構える大谷聡税理士事務所の代表。元大手銀行出身の税理士であり、中小企業診断士、社会保険労務士・行政書士・不動産鑑定士・宅建士、証券アナリストなど多数の資格を保持。 融資相談から相続相談まで、税務のことだけでなく、経営者の真のパートナーとして、総合的なサポートをすることがモットー。

CONTACT

税理士に経営の相談をしてみませんか?
まずは無料相談へ

まずは資料請求をしてみたいという方へ
資料請求はこちら