MENU

048-229-2765
受付時間:平日 10時-17時

〒332-0012
埼玉県川口市本町4丁目3ー6 210
TEL 048-229-2765

HOME > コラム > 補助金・助成金とは?資金調達に活用する場合のメリット・デメリットまで徹底解説!

Column
お役立ち情報

中小企業経営者に役立つ情報を
お届けします

融資・資金調達

補助金・助成金とは?資金調達に活用する場合のメリット・デメリットまで徹底解説!

融資・資金調達

記事をSHEREする

補助金助成金とは

企業が資金調達するための方法は多岐にわたりますが、代表的なものとして「補助金」や「助成金」が挙げられます。補助金・助成金を活用することで、企業は効率的に資金を調達することが可能になります。

 

本記事では、補助金・助成金の概要に加えて、補助金・助成金を活用した資金調達のメリット・デメリットなどをわかりやすく解説します。自社で資金調達を検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

また、公式ラインをご登録いただいた方に無料相談をプレゼントしております。記事をご参考いただき不明点がありましたら、ぜひご相談ください。

 

 

 

 

 

補助金・助成金とは?

 

補助金・助成金とは、政府や自治体が企業向けに用意しているお金であり、企業が資金調達を行うための手段の一つです。補助金・助成金と一口に言っても、その種類は多岐にわたります。

 

企業に対して支給された補助金や助成金には返済義務がないことが一般的です。そのため、資金調達に苦慮している創業初期の企業にとっては非常に心強い存在だと言えます。

 

ただし、補助金や助成金には細かい支給条件が定められていることが多く、それらを満たしていないとお金を受け取ることはできません。補助金・助成金の活用を検討している場合は、自社が支給条件を満たしているのか?を事前にチェックしておきましょう。

 

補助金・助成金以外の資金調達方法については以下の記事で詳しく解説しています。

 

企業が資金調達を行うための方法6選!

 

 

補助金と助成金の違い

 

ここまで、補助金と助成金を一括りの言葉として使ってきましたが、両者には違いがあるのでしょうか?広い意味で言えば、どちらも同意義の言葉として捉えて問題ありませんが、厳密には若干異なる部分があります。

 

最初に覚えていただきたいことは、経済産業省は「補助金」という言葉を使い、厚生労働省は「助成金」という言葉を使うことです。この違いは、支給するお金に対する根本的な考え方の差から生じています。

 

補助金は政策を推進する上で有効な内容である場合に限り支給されますが、助成金は一定の条件を満たせばほぼ確実に支給されます。そのため、補助金と助成金を比較した場合には、補助金の方が支給のハードルは高いと言えるでしょう。

 

また、経済産業省が展開している補助金は募集開始から締切までの公募期間が数週間程度と短いことが多いですが、厚生労働省が展開している助成金は通年などの長期間にわたり公募しています。

 

このように、補助金と助成金には若干の違いが存在するため、それぞれの特徴を正しく理解しておきましょう。なお、詳しくは後述しますが、経済産業省や厚生労働省だけではなく、自治体が独自で展開している補助金・助成金もあります。

 

以下、補助金と助成金の代表的な違いを表にまとめます。

 

補助金と助成金の違い

 

 

補助金・助成金で資金調達を行うメリット・デメリット

 

 

メリット

 

補助金・助成金で資金調達を行うメリットとしては、調達した資金を返済する必要がない点が挙げられます。金融機関から融資を受けた場合は返済義務が発生しますが、補助金・助成金はお金を返す必要がありません。

 

そのため、経済的な負担なしで資金を調達できる点は補助金・助成金の大きな魅力です。特に資金に余裕のない企業にとっては、補助金・助成金は心強い味方になると言えるでしょう。

 

デメリット

 

補助金・助成金で資金調達を行うデメリットとしては、一定の工数が発生する点が挙げられます。補助金・助成金を受け取るためには、所定の申請手続きを行う必要があるためです。

 

また、申請しても必ず支給されるわけではなく、条件を満たしているかどうか?というチェックが入ります。仮に条件を満たしていないと判断された場合、資金を受け取ることはできないため、この点には注意しておきましょう。

 

 

代表的な補助金・助成金

 

ここまで、補助金・助成金について詳しく解説しました。最後に、代表的な補助金・助成金をご紹介します。

 

 

IT 導入補助金

 

IT 導入補助金は、企業の IT ツール導入を目的として支給される補助金です。数多くの IT ツールが対象となっているため、 IT ツールの導入を検討する場合は事前に内容をチェックすることをオススメします。

 

 

キャリアアップ助成金

 

キャリアアップ助成金は、派遣社員などの非正規雇用労働者のキャリアアップを推進するための助成金です。

 

キャリアアップ助成金には複数の種類が存在し、

 

・正社員化コース

・障害者正社員化コース

・賃金規定等改定コース

・賃金規定等共通化コース

・賞与・退職金制度導入コース

・短時間労働者労働時間延長コース

 

など、様々なコースが用意されています。

 

 

創業助成金(東京都)

 

創業助成金は、企業のビジネス創業を推進するための助成金であり、厚生労働省ではなく東京都が展開しています。オフィスの賃貸料や人件費、広告費などの補助を受けられるため、条件に該当する場合は活用を検討してみると良いでしょう。

 

 

まとめ

 

本記事では、補助金・助成金の概要に加えて、補助金・助成金を活用した資金調達のメリット・デメリットなどを解説しました。企業が補助金や助成金を活用することで、効率的に資金を調達することができます。

 

補助金・助成金は返済義務がないため、企業にとっては心強い味方になると言えるでしょう。ただし、補助金・助成金を受け取るためには一定の条件を満たす必要があり、場合によっては資金を調達できない可能性があります。

 

そのため、自社だけで進めることが不安な場合は専門家への相談も有効な選択肢になります。自社にとって最適な補助金・助成金を選定してくれますし、申請手続きをサポートしてもらうことも可能です。

 

そして、資金調達に関してお悩みであれば、ぜひ大谷聡税理士事務所へご相談ください。これまで培ってきた豊富な知識・経験をもとにして、貴社に最適な方法をアドバイスさせていただきます。

 

無料相談もお受けしていますので、まずは以下のフォームからお気軽にご連絡ください。この記事が、あなたのお悩み解決に少しでもお役に立てば、と切に願っております。

 

大谷聡税理士事務所お問合せ

 

 

記事をSHEREする

記事をSHEREする

この記事を書いた人

大谷 聡

埼玉県川口市に拠点を構える大谷聡税理士事務所の代表。元大手銀行出身の税理士であり、中小企業診断士、社会保険労務士・行政書士・不動産鑑定士・宅建士、証券アナリストなど多数の資格を保持。 融資相談から相続相談まで、税務のことだけでなく、経営者の真のパートナーとして、総合的なサポートをすることがモットー。

CONTACT

税理士に経営の相談をしてみませんか?
まずは無料相談へ

まずは資料請求をしてみたいという方へ
資料請求はこちら