MENU

048-229-2765
受付時間:平日 10時-17時

〒332-0012
埼玉県川口市本町4丁目3ー6 210
TEL 048-229-2765

HOME > コラム > そうだったのか!創業融資は公庫・信金のどちらがオススメ?

Column
お役立ち情報

中小企業経営者に役立つ情報を
お届けします

創業支援・法人設立

そうだったのか!創業融資は公庫・信金のどちらがオススメ?

創業支援・法人設立

記事をSHEREする

創業融資は会社・事業を立ち上げる際に有効な制度ですが、日本政策金融公庫や信用金庫(信金)など、その融資元は多岐にわたることをご存知でしょうか?そして、融資元ごとに特徴が異なるため、それぞれの違いを正しく理解することが大切です。

 

本記事では、創業融資の概要に加えて、公庫と信金のどちらがオススメなのかを分かりやすくご説明します。創業融資の利用を検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

創業融資とは?

 

まずは、創業融資の概要について理解しておきましょう。

 

創業融資とは、創業支援を目的とした融資制度のことであり、事業の立ち上げに必要な資金を調達するための手段の一つです。創業時は手元にお金がないことが多く、創業融資を活用して事業を立ち上げることが一般的となっています。

 

例えば、日本政策金融公庫では「新創業融資」という制度を行っており、担保・保証人が不要で最大 3,000 万円の融資を受けられるため、これから事業を立ち上げる人にとっては心強い武器になります。

 

創業融資に関心のある方は以下の記事が参考になります。

 

創業融資とは

 

 

創業融資の融資元

 

創業を目的とした融資に関しては、数多くの機関・団体が様々が融資制度を用意しています。本章では、代表的な創業融資の融資元をご紹介します。

 

 

日本政策金融公庫

 

日本政策金融公庫は政府系金融機関の一つであり、日本政府の政策目標を支援し、経済の発展と持続可能な成長を促進するために設立された機関です。主な目的としては、特定の政策目標に従った金融支援の提供により、国内企業やプロジェクトの成長を支えることなどが挙げられます。

 

そして、中小企業の支援も日本政策金融公庫の役割の一つであり、これを実現するために「新創業融資」という創業融資制度を設けています。このように、日本政策金融公庫は創業融資の代表的な融資元の一つと言えるでしょう。

 

新創業融資に関しては以下の記事で詳しく解説しています。

 

創業時の資金調達には新創業融資制度がオススメ

 

 

信用金庫(信金)

 

信用金庫(以下、信金と記載)は日本政策金融公庫とは異なり、民間が運営している通常の金融機関です。そして、信金の中には、創業融資の制度を用意している機関も存在します。

 

また、信金は地域密着型の経営を行っているケースが多く、地元の発展をミッションとして掲げていることが一般的です。そのため、信金から創業融資を受けることで、資金調達ができるだけではなく、必要に応じて資金繰りなどの相談を行える点も大きな魅力です。

 

 

自治体

 

日本政策金融公庫や信金だけではなく、自治体が創業融資の制度を用意しているケースもあり、金融機関・保証協会・自治体が一丸となって創業をバックアップしています。ただし、日本政策金融公庫の新創業融資とは異なり、連帯保証人が必要になるため、この点には注意が必要です。

 

 

創業融資は日本政策金融公庫がオススメ

 

結論から言えば、創業融資を検討する際は、日本政策金融公庫の新創業融資制度がオススメです。

 

なぜなら、日本政策金融公庫は政府系金融機関であり、中小企業の成長支援が目的の一つとなっているため、民間が運営している信金と比較して、融資を受けるためのハードルが低いからです。

 

民間金融機関の融資審査では、融資先の業績や事業計画などが細かくチェックされ、その内容が信用できると判断された場合にのみ審査を通過できます。しかし、創業融資は新しく立ち上げる会社・事業に対する融資であるため、その事業者の信用力を確認する材料が不足しています。

 

このような理由から、信金の融資審査を通過するためには、信用保証協会の保証が必要不可欠です。事前に保証を受けることで、事業者としての信頼性が向上し、審査を通過できる可能性は高まります。ただし、保証を受けるための時間・工数が発生する点がデメリットだと言えます。

 

一方、日本政策金融公庫は創業目的の融資を積極的に行っているため、保証なしで融資を受けられることも珍しくありません。担保・保証人も不要で最大 3,000 万円の資金調達が可能なため、まずは日本政策金融公庫の新創業融資を検討すると良いでしょう。

 

信用保証協会の保証に関しては以下の記事で詳しく解説しています。

 

 

 

まとめ

 

本記事では、創業融資の概要に加えて、公庫と信金のどちらがオススメなのかを分かりやすくご説明しました。

 

結論、創業融資を検討する際には、日本政策金融公庫の新創業融資がオススメです。信用保証協会の保証なしで審査を通過できる可能性があり、担保・保証人も不要で最大 3,000 万円の資金を調達できます。

 

ただし、判断に迷ってしまう場合は、第三者に相談することも有効な選択肢になります。専門家に依頼することで、各種審査に通過するための実践的なアドバイスがもらえるため、融資を受けられる可能性が高まります。

 

そして、創業についてお悩みの場合は、ぜひ大谷聡税理士事務所へご相談ください。これまで培ってきた豊富な知識・経験をもとにして、貴社の創業を全力でサポートさせていただきます。

 

無料相談もお受けしていますので、まずは以下のフォームからお気軽にご連絡ください。この記事が、あなたのお悩み解決に少しでもお役に立てば、と切に願っております。

 

大谷聡税理士事務所お問合せ

 

 

記事をSHEREする

記事をSHEREする

この記事を書いた人

大谷 聡

埼玉県川口市に拠点を構える大谷聡税理士事務所の代表。元大手銀行出身の税理士であり、中小企業診断士、社会保険労務士・行政書士・不動産鑑定士・宅建士、証券アナリストなど多数の資格を保持。 融資相談から相続相談まで、税務のことだけでなく、経営者の真のパートナーとして、総合的なサポートをすることがモットー。

CONTACT

税理士に経営の相談をしてみませんか?
まずは無料相談へ

まずは資料請求をしてみたいという方へ
資料請求はこちら